アニメ・コミック

【感想】仮面ライダーウィザード 1話

●かつて魔法は、科学と並ぶ学問であった。しかし文明の進歩とともに魔法はいつしか忘れ去られた。時は流れ現代。科学では解明できない恐怖を魔法で振り払う一人の男がいた。人は彼を魔法使い「ウィザード」と呼ぶ。。。

続きを読む "【感想】仮面ライダーウィザード 1話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【感想】俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12話-最終回

最近ハマっているアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が最終回を迎えたので記念に感想を。

Oreimo_12

いつもは兄である京介には邪魔とか死ねとかウザイとかしか言わない桐乃だが、この日はなぜかおはようと自分から京介に挨拶をする。
兄としては嬉しいけどちょっとした恐怖を感じる話しだ。

Oreimo_123

桐乃のクラスメイトで、雑誌の読者モデルの仕事仲間でもある加奈子。
先日、アニメキャラクターのコスプレイベントで優勝し、憧れていたアイドル事務所の社長から面接の機会があり、うまくいけば事務所に入れることになり喜ぶ。嬉しくて今からサインの練習をしている模様。
加奈子も桐乃と似て素直じゃないが、その様子から嬉しそうなことは十分伝わってくる。

Oreimo_124

そんな加奈子に素直におめでとうと伝える桐乃。普段とは違い、これほど素直に感情を伝える桐乃の様子に加奈子も驚く。
あやせもぽかーんってなってる。もしくはあやせは思い込みが激しいので桐乃に手を握られた加奈子に嫉妬しているのかもしれない。

Oreimo_126

なぜ桐乃が急に素直になったのか、何かあったんじゃないかと心配して桐乃の友人のあやせや沙織に原因を尋ねるもみな心当たりはないようで。
京介優しい。自分の妹に何かあっても心配こそすれ、実際に行動できるというのが本当にかっこいい。少なくとも俺ならほっとくだろうし。「俺の兄がこんなにかっこいいわけがない」

Oreimo_127

沙織に電話をかけていると桐乃が京介の部屋に「人生相談」があると、自分の部屋へと誘う。人生相談という、あえて改まった言い方をすることで桐乃は自分の気持ちを伝えやすくなるし、京介も頼られていると感じやすい。もともと仲の悪かった兄妹をつなぐ合い言葉のように使われる。そしてこれが桐乃いわく「最後の人生相談」だ。
自分がなぜ素直になったのかを京介に自分から伝える決心がついたらしい。
もともと素直じゃなく、プライドが高いのでそうとうな決意の末だろう。

Oreimo_128

京介に頼んだ最後の人生相談とは
秋葉原まで「おにーちゃんのぱんつなんかぜったい盗んでないんだからね!!(初回限定版) 略称:おにぱん」というエロゲーの深夜販売に並んできて欲しいというもの。
もともと仲の悪い兄妹だが、桐乃は兄として京介のことがずっと好きで、そのことを素直に伝えられないのだが、妹もののエロゲーのヒロインのように素直に兄を慕える妹に自分の理想をかさねエロゲーをプレイしていた。もちろんそんな理由で桐乃がエロゲーをやっていることは例によって鈍い主人公の京介は気づいていない。

しかし、結局エロゲーのヒロインのように素直になれない桐乃は京介とエロゲーを一緒にやるということが精一杯。京介もエロゲーの主人公に感情を重ねてくれることを期待して。

Oreimo_129

いやがる京介に最後のお願いとしておねだりする桐乃。京介はなくなくエロゲーを買いにいく。ここだけ見れば妹にパシリにされるかわいそうな兄である。深夜販売なら仕方ない。

エロゲーを無事買い、家に辿り着いた京介を迎える桐乃。これが「最後の日」になることを胸にしまって。もちろん、クリスマスの渋谷デートの日のように特別な日にしか付けないピンクのマニキュアをつけている。京介気づけー!鈍すぎるぞー!!

Oreimo_1210

そんなこんなで一緒にエロゲーをすることに。
兄妹で一緒にエロゲーするってシチュエーションだけ取り上げたら異常だけど、たまたまエロゲーであって、実は桐乃の言葉を代弁できるものが他にあればそれでいいのだ。
桐乃「会いたいときに会えないって寂しいでしょ!アンタ自分に置き換えて考えて見なさいよ!!」

「おにーちゃんのぱんつなんかぜったい盗んでないんだからね!!」

CV.あやせ

Oreimo_1212

一通り兄と一緒にエロゲーをやり、兄と過ごす「最後の時間」を楽しんだ桐乃。
そして、今まで恥ずかしくて見せられなかったとアルバムを取り出す桐乃。アニメでは描かれなかったけど、多分京介と仲良くしてる写真が入っているんだろう。

そして、アルバムには明朝出発のアメリカ行きの飛行機のチケットが挟んであった。
部活の陸上でいい成績を残し、アメリカのコーチにオファーを受けたようだ。
モデルの仕事や小説で稼いだお金で留学費用を自分で貯め、前もって準備をしていたが、アメリカ行きを京介にはなかなか伝えることができずにとうとう当日になってしまった。
それで京介やクラスメイトに素直に接していたのだ。

Oreimo_1213

なぜ留学行きを隠していたのかを尋ねる京介だが、素直になれない桐乃は「私がいなくなるからってアンタに関係あんの!?」という。その態度に京介は怒り、兄弟喧嘩になってしまう。京介だってまだ高校生で、こういうふうに感情的になってしもうこともあるんだ。

Oreimo_1214

そんなこんなで殴る蹴るの兄弟喧嘩に発展。
桐乃「死ね!死ね!死ね!」

本当は妹にアメリカに行って欲しくないと伝えたい京介と、アメリカ行きを止めて欲しい桐乃。
気持ちは同じなのに意地が邪魔して素直になれなくてすれちがう二人。切ないぞー。゜゜(´□`。)°゜。

Oreimo_1218

ケンカの拍子でエロゲーしていたパソコンが床に落ち、
エロゲーのヒロインが空気を読んで「行くなって言ってよ!お兄ちゃんが行くなって言ったら私行かないよ」と桐乃の気持ちを代弁。とてもドラマチックな演出である。

Oreimo_1215

アメリカ出発の当日の朝、もう家にはいないはずの桐乃がなぜか家にいた。
桐乃はアメリカ行きを取りやめたのだ。兄と離ればなれになるのが嫌だから。

この時の桐乃がかわいすぎてやばい!

Oreimo_1216

アメリカ行きを取りやめたことを聞かされ、喜ぶ父親。よく見ると左ほほを赤く染めている。
この一家全員ツンデレか!「俺の親父がこんなに可愛いわけがない」

Oreimo_1217

相変わらず、兄と離ればなれになりたくなかったとは絶対に言わない桐乃だが、とても嬉しそうに歩いている。その様子を見て京介も嬉しそうだ。
このあと桐乃が浮かれて歩いてたら交通事故にあうなんてエンドじゃなくてよかった!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【感想】聖痕のクェイサー 17話

今回は、恥ずかしいくらいの厨2回だった(笑)

ついに燈が黄金のクェイサーとして覚醒。

1701

ずっと仲良かった燈が別人格に操られ、困惑するまふゆ。
かわいい。

1706

そんなまふゆに対して「友情?笑わせるね!」みたいな敵キャラゼリフをはきまくる(笑)
ちなみに、右腕についているのは黄金のクェイサーの証。

1704


テレサは実は鳳に操られていたわけでなく、サーシャがどう行動するか、サーシャの心をためしていた。

そんなテレサの思いに答え、鳳と戦うサーシャ。

1707


しかし、オーリャを殺した黄金のクェイサーを目の前に、復讐に心を染めるサーシャに対し、「復讐の力では真の力は発揮できない、それでは私を倒すことができない」みたいなこれまたテンプレートなセリフをはきまくる(笑)

そして鳳が最終扇「ラストジャッジメント(笑)」を発動。

しかし、まふゆの声に答えるように見事鳳を倒したサーシャ。新しい力を自在に操れるようになった。

1705


しかし鳳はサーシャに倒されることが目的だった。
使徒を送り、それを倒させ、サーシャの力を引き出させるというアデプトの思惑のまま利用されていたサーシャを助ける為に。


んー。今回は、正直あまり面白くなかったな。

元素特性なしに単純に戦っていただけだから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【感想】聖痕のクェイサー 16話

今回はサーシャが自身が子どもの頃にまるで姉のように優しく接してくれたオーリャを殺した犯人の一人の正体が鳳だということを知り、しかし今の自分の実力では勝てないという事実に苦しむも、まふゆというパートナーの支えもあって鳳を倒しにいくという話。

しかし鳳の愛弟子ことリジーがサーシャの鳳への接触を阻む。

そんなさなか、鳳とアデプトとの戦いが始まり、鳳がさらった燈が黄金のクェイサーとして目覚めてしまう。

燈の中に眠る黄金のクェイサーの目覚めと、山辺雄大の思惑が今後明かされる。

というわけで物語もいよいよ佳境。

今後のまふゆの活躍に期待♪

1601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【感想】聖痕のクェイサー 15話

今回は久しぶりに元素特性をいかした能力バトルが復活!

ストーリーも漫画原作に戻って一安心(笑)

1501

幼児退行からなかなか元のサーシャを心配して涙するまふゆ。そしてサーシャにせがまれ絵本を読み聞かせる。やさしかわいい!

1502

昔の夢を見て、徐々に記憶を取り戻す片鱗をみせるサーシャ。
そして怖くなって家を飛び出すと、コスプレ喫茶の勧誘につかまりその容姿から女の子だと勘違いされて、働かされてしまう。

1504

「あなた…最低です!!」

1503

まさかの能登!!「鉄のラインバレル」より城崎絵美のコスプレをさせられるサーシャ。
鉄繋がり&チャンピオンRED繋がりかな。漫画原作だとコードギアスのCCだったが変更される。

能登最高です!俺は最低です!

1505

コスプレ喫茶からラブホテルに移動後、鉛使いに突然襲撃され、チタン使いのリジーが戦闘を開始。

しかし鉛の「柔らかいが重い」、チタンの「硬いが脆い」という特性上、鉛使いの連続的な攻撃に耐えきれず、チタンが保たない。

そこで「もっと粘りがあって自ら変形して衝撃を吸収する物質があれば……」
と考えを巡らすサーシャ。

「そう、たとえば、“鉄”のような……!!!」

そしてついに思い出す、自分が鉄使いだった記憶を。

1506

そしてそのままチタン使いのリジーと記憶を取り戻した鉄使いのサーシャの戦闘が始まろうとするが。

1507

部屋で寝ているはずのサーシャがいないことに気づき、町中を探しまわるまふゆがついに居場所をつきとめ、サーシャの記憶が戻ったことに喜ぶのもつかの間、二人の戦闘を仲裁する。しかし、普段は強気のボーイッシュなまふゆだけど、ハートのアップリケのジーンズを履いてる当たりかわいい。

以下公式サイトの用語集より

鉛:原子番号82の元素。元素記号はPb。主に、硫化物の方鉛鉱などとして産出する。有史以前から使われてきた、青白色の軟らかい金属。加工が容易。空気中で は、酸化とともに表面に丈夫な酸化皮膜を形成するため、腐食されにくく、安定。耐酸性の必要な管や、蓄電池の電極などに用いられる。また、X線などの放射 線を吸収する能力が大きいため、X線装置や原子炉などの遮蔽物質として用いられる。可溶性鉛化合物は、すべて有毒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【感想】聖痕のクェイサー 14話

前回がサービス回だったのだけど、なんと今回もサービス回。

エレメンタルサーキットをかってに持ちだしたカーチャはエレメンタルサーキットをなくしてしまい、それがみゆりにチャージされてしまい、みゆりがヒーローとして活躍するというお話。

サーシャは相変わらず自分のことを女だと勘違い中(笑)

1401

正義の味方、リリー仮面!!

1402

相変わらず女の子として振る舞うサーシャ。かわいい。

1403

クェイサーと同じように自分もヒーローになれることに喜ぶみゆり。

1404

みゆりにチャージされたエレメンタルサーキットを取り返すため、先生としてみゆりの前に立ちはだかるカーチャ。こういうがんばるぞ!って表情大好き。

1405

以外に眼鏡が似合っている様子。

1406

カーチャ先生による長く厳しい特訓を耐え抜いて本物のヒーロー「リリー仮面」になったみゆり。

14062


リリー仮面にあこがれ、悪のロボット軍団を倒し、自らも倒れてしまうリリー仮面2号ことサーシャ。

1407

リリー仮面はグレートリリー仮面こと華との死闘の末、見事勝利する。

1407_2

ラスボスはカーチャ。

1408

リリー仮面は予想以上のパワーの持ち主だった!

1409

その力の前ではカーチャすらも無力だった!

1410

カーチャを倒し、力を使い切って倒れたみゆりをたすけた新キャラ2名。次回からの活躍に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【感想】聖痕のクェイサー 13話

前回の戦いで力を使いきったサーシャがなぜか幼児退行して、カーチャに実は女の子なんだよって告げ口されて言動が女の子になっちゃって、それを治す為に温泉に行くっていうネタ回。

とにかくおもしろかった!が、今回の内容じゃ、キャプはさすがにはれない(笑)

そういえばOPとEDが変わってたね。

EDの0:46の、ベッドの上でサーシャを見つめてるまふゆがかわいすぎてやばい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新OP

遊戯王5D's 104話からOPとEDが変わってた。

OP、EDのどちらも作画がよくてかなりかっこいい!

でも曲はどちらも好きじゃないけど(笑)

OPでは遊星のアクセルシンクロモンスターだと思われるシューティングスタードラゴンとジャックのキングクリムゾンドラゴン(筆者の妄想)が登場!

対して、3体目の機皇帝は未だシルエットのみの登場。

また、OPの前のintro映像やEDではクロウのブラックバードのイラストがカッコ良かった。

さて、OPで気になったのはやはり【A・O・J】が登場したこと!!

Op_aoj_2


A・O・Jガラドホルグ、A・O・Jブラインド・サッカー、A・O・Jクラウソラス、A・ボムの4種類が登場。


いやーやっぱりAOJはかっこいいね!!

しかし、このイラストのクラウソラス見てるとディスカバリーチャンネルの「エイリアンプラネット」に出てきた探査艇を思い出した。

首とか頭とかまんまだよね(笑)


他には、EDの遊星とアキのツーショットでアキが恥ずかしそうにしているイラストや、パワーツールドラゴンが実はキャストオフ状態である、なんてのが話題になってるみたいだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【感想】聖痕のクェイサー 12話

今回は作画がかなり悪かったので画像はなしで(笑)

前回からの敵である水銀使いの水銀は液体金属なので変幻自在な行動が可能ということで攻略するのに苦労するかと思いきや、マイナス38.83にすることで水銀を個体に変え動きを封じることで難なく倒すことに成功した。

しかし、一度倒したと思った水銀使いは自分のクローンであるQとLを身体に取り込むことで再生し、まふゆを人質にとってサーシャの前に再び現れる。

サーシャは再生し、パワーアップした水銀使いの前に手も足も出ず、苦戦していたのだが、そこに銅使いのカーチャと遠くで隠れているナトリウム使いの鳳に助けられ危機を脱することができた。

隙を見て人質の身から抜け出したまふゆは、戦いに倒れたサーシャの元に駆け寄る。

そしてサーシャはまふゆが人質となってしまったことは自分のせいだとまふゆに謝る。

「すまない、まふゆ。」

「何言ってるの?! サーシャらしくないよ!」

「俺は弱くなった。人の心を捨てると誓ったはずなのに。優しさは弱さだ。大切なものは弱点になる。」

「大切なもの?」

「それはその報いだ」

「そんなの絶対違う。優しくなれたんならそれが強さなんじゃない!」

なんてやり取りをしながら、サーシャが覚醒して新たな力を得る。

鉄使いということで、自らの体内の血液中の鉄分を操って新たな武器を錬成し、水銀使いを倒すことに成功した。

てな感じで。今まで大切な人を失ってきたサーシャは人の心を捨てることで強くなろうとしてきたのだが、誰かを守りたいと思うことが真の強さだよとまふゆに教えられた、というお話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【感想】聖痕のクェイサー 11話

水銀使いとそのクローン集団、クイックシルバーの魔女が登場の回。

1101

「人間失格」に引き続き、今回は「こころ」を読むサーシャ。読書家です。

1102

いじめっこキャラを復活させたみゆり。原作読んでるとこっちのほうがしっくりくる(笑)

1103

怖いイメージが先行してしまうサーシャ、でも本当は優しい、そんな一面を偶然見かけた人物が。

1104

それが、ふみか。どう見ても小学生。。。そしてサーシャの鉄を錬成した武器を拾い上げて持ち帰るという若干のストーカー気質の持ち主。

1105

水銀使いのクローンQとL(cv.ひぐらしのりかちゃんとレナ)と戦うカーチャ。
本体を倒さない限り倒しても倒しても生き返る能力に驚く。

1106


教室には水銀使いの本体が登場。クラスの委員長であるふみかから順に殺そうとするがそれをクラス全員からいじめられているはずのまふゆが守る。ここで守らなかったら私をいじめていたみんなと同じになってしまうから、と相変わらずまふゆ強いかわいい(笑)

1107


まふゆの勇敢な姿を見てふみかが水銀使いに斬りかかり、怒りをかって殺されそうになったところに満を持してサーシャが登場。そして水銀使いとの戦闘へ。ここのシーンはセリフもBGMもかっこよくて鳥肌!!

まふゆのサーシャへの信頼具合が伺えるシーンだったので、二人の関係に感動したなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧