« 《忍法 変化の術》で呼びたい鳥獣族モンスターまとめ | トップページ

【遊戯王】《抹殺の指名者》の使い方を考える。

 
《抹殺の指名者》 

速攻魔法 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 

①:カード名を1つ宣言して発動できる。 

宣言したカード1枚をデッキから除外する。 

ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。 

 

 

2019年5月21日に発売されるVジャンプ7月号の付録カードです。

 

先行で大量展開したり、相手の行動を制限する効果を持つモンスターを呼び出すデッキが、相手の《増殖するG》《灰流うらら》《墓穴の指名者》、《無限泡影》のカード名を宣言することで、その対策に使る、とても恐ろしいカードだ!と思ったのが最初の印象です。 

 

《浮幽さくら》がエクストラデッキ対策なら、こちらはメインデッキ対策で、多くのカードを対策することがでいます。 

 

しかし、手札誘発カードへの対策という使い方以外にも、自分のデッキを補助する使い道はないかな?と考えてみました。 

 

実はこのカード、ときには相手の妨害に、ときには自分のカードのサポートにもなれるとてもおもしろいカードなんじゃないかと思っています。 

今回は、相手の手札誘発カードへの対策以外の《抹殺の指名者》の使い方を紹介します! 


【1】《スキルドレイン》のように使う 

効果モンスターの効果を無効にできるという点に注目した使い方です。


・《神獣王バルバロス》《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》などの 妥協召喚することで ステータスが下がってしまうモンスターに対して使うことで、その攻撃力を 元々のステータスへと戻すことができます。 

・《フォトン・スラッシャー》のような『自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在する場合、このカードは攻撃できない。』いう効果や、 
《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》のような『このカードがモンスターゾーンに存在する限り、他の自分のモンスターは攻撃宣言できない。』というようなデメリット効果を無効化させることもできます。 


【2】《封印の黄金櫃》のように使う 

任意のカードを除外できるという点に注目した使い方です。 


・除外ゾーンにあるモンスターを融合召喚の素材にする 

《平行世界融合(パラレル・ワールド・フュージョン)》 


・除外ゾーンにあるモンスターを特殊召喚できるカードをサポートする 

《竜嵐還帰》 
このカードで呼び出したモンスターは、手札に戻るので、効果が無効化された状態をリセットすることもでいます。 


・【メタファイズ】のサポートをする 

《メタファイズ・タイラント・ドラゴン》などのメタファイズモンスターは、除外された次のターンのスタンバイフェイズに効果が発動するため、《抹殺の指名者》によって効果が無効になることはありません。 


・除外ゾーンのモンスターを特殊召喚できるモンスターをサポートする。 

以下に、特定のタイミングで除外ゾーンのモンスターを特殊召喚できるモンスターを紹介します! 
なお、順番はあいうえお順です。 


《異次元の一角戦士(ユニコーンナイト)》 

①対象:チューナー以外のレベル3以下の自分のモンスター1体 
②タイミング:相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にチューナーが表側表示で存在する場合に特殊召喚する事ができる。この方法で特殊召喚に成功した時 


《ヴェンデット・アニマ》 

①対象:「ヴェンデット・アニマ」以外の除外されている自分の「ヴェンデット」モンスター1体 
②タイミング:墓地のこのカードを除外して 


《E・HERO(エレメンタルヒーロー) ボルテック》 

①対象:除外されている自分の「E・HERO」モンスター1体 
②タイミング:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時 


《逢魔ノ妖刀-不知火》 

①対象:「逢魔ノ妖刀-不知火」以外の除外されている自分のモンスターの中から「不知火」モンスターを含むアンデット族モンスター2体 
②タイミング:このカードをリリースして 


《奇跡の代行者 ジュピター》 

①対象:自分の天使族・光属性モンスター1体 
②タイミング:フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、1ターンに1度、手札から天使族モンスター1体を捨てて 


《水晶機巧(クリストロン)-リオン》 

①対象:このカード(レベル3/水属性/機械族)とシンクロ素材にできるチューナー以外の除外されている自分のモンスター1体で、かつその後に機械族シンクロモンスターの素材にできるモンスター 
②タイミング:相手のメインフェイズ及びバトルフェイズ 


《Kozmo-フォルミート》 

①対象:除外されている自分の「Kozmo」モンスター1体 
②タイミング:1ターンに1度、500LPを払つて 


《音響戦士(サウンドウォリアー)サイザス》 

①対象:「音響戦士サイザス」以外の除外されている自分の「音響戦士」モンスター1体 
②タイミング:墓地のこのカードを除外して 


《不知火の隠者》 

①対象:「不知火の隠者」以外の除外されている自分の「不知火」モンスター1体 
②タイミング:このカードが除外された場合 


《星遺物-『星杖』》 

①対象:除外されている自分の「オルフェゴール」モンスター1体 
②タイミング:墓地のこのカードを除外して 


《D・D・M(ディファレント・ディメンション・マスター)》 

①対象:除外されている自分のモンスター1体 
②タイミング:手札の魔法カードを1枚捨てて 


《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》 

①対象:「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」以外の除外されている自分の「ライトロード」モンスター1体 
②タイミング:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外して 


《影霊衣(ネクロス)の戦士 エグザ》 

①対象:このカード以外の除外されている自分の「影霊衣」モンスター1体 
②タイミング:このカードが除外された場合 


《BF-南風のアウステル》 

①対象:除外されている自分のレベル4以下の「BF」モンスター1体 
②タイミング:このカードが召喚に成功した時 


《月光翠鳥(ムーンライト・エメラルド・バード)》 

①対象:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「月光翠鳥」以外のレベル4以下の「ムーンライト」モンスター1
②タイミング:このカードが効果で墓地へ送られた場合 


《メタファイズ・デコイドラゴン》 

①対象:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、 「メタファイズ」モンスター1体 
②タイミング:自分のモンスターが攻撃対象に選択された時、 フィールドのこのカードを除外して 


《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》 

①対象:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」モンスター1体 
②タイミング:手札から捨てて 


《ラヴァル・キャノン》 

①対象:ゲームから除外されている自分の「ラヴァル」と名のついたモンスター1体 
②タイミング:このカードが召喚・反転召喚に成功した時 


《霊獣使い ウェン》 

①対象:除外されている自分の「霊獣」モンスター1体 
②タイミング:このカードが召喚に成功した場合 

 

|

« 《忍法 変化の術》で呼びたい鳥獣族モンスターまとめ | トップページ

遊戯王:考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 《忍法 変化の術》で呼びたい鳥獣族モンスターまとめ | トップページ