« 六武衆のエクストラデッキを考えよう!part1 | トップページ | 2013年9月制限改訂 »

六武衆のエクストラデッキを考えよう!part2

六武衆のエクストラデッキにはどんなカードを入れればいいのでしょうか…。

よりよい六武衆のエクストラデッキを目指すために考えてみようと思います。

第二回目はランク4のエクシーズモンスターを考察していきます!!

20131月現在 六武衆 エクストラデッキ 考察]

1.ランク4のエクシーズ召喚

筆者の場合の六武衆デッキにおいてランク4のエクシーズ召喚は、

・六武衆-ザンジ+真六武衆-キザン
・六武衆-イロウ+真六武衆-キザン
・真六武衆-エニシ+真六武衆-キザン

で行うことができます。

《真六武衆-キザン》
真六武衆-キザンには自分の場に六武衆がいる時に手札から特殊召喚する効果があるので、レベル4の六武衆とレベル4である真六武衆-キザンが手札に揃えば、そのままランク4のエクシーズ召喚が可能になります。

《増援》
レベル4の戦士族である六武衆-イロウ、六武衆-ザンジ、真六武衆-エニシ、そしてエクシーズ召喚の要である真六武衆-キザンは増援によってサーチすることができます。

《諸刃の活人剣術》
諸刃の活人剣術により、墓地から2体のレベル4の六武衆を揃えることでランク4のエクシーズ召喚にアクセスすることもできます。

《六武衆の荒行》
六武衆の荒行を使えば、手札にレベル4のモンスターが1体しかなくてもデッキから同じ攻撃力で同名モンスター以外のレベル4の六武衆を用意できるので、すぐにランク4のエクシーズ召喚に繋げることができます。
ちなみに、六武衆-イロウと真六武衆-エニシが攻撃力1700、六武衆-ザンジと真六武衆-キザンが攻撃力1800です。

●まとめ
・ランク4のエクシーズ召喚には、レベル4の六武衆と自身を特殊召喚する効果を持つ真六武衆-キザンか魔法カードの六武衆の荒行が必要である。
・必要なカードを増援でサーチできる。
・諸刃の活人剣術を使えば1枚で条件を揃えられるが、罠カードであるため、展開までに1ターン必要。



2.ランク4のエクシーズモンスター

(1)
《六武衆の影-紫炎》
(2)
H-Cエクスカリバー》
(3)
《交響魔人マエストローク》
(4)
No.39 希望皇ホープ》
(5)
No.50 ブラック・コーン号》
(6)
《恐牙狼ダイヤフルフ》
(7)
No.16 色の支配者ショック・ルーラー》

(1) 《六武衆の影-紫炎》
役割:六武衆のサポートカードと組み合わせる/相手に依存せずエクシーズ素材を能動的に墓地に送る。

六武衆と名のつくエクシーズモンスターなので、六武の門や六武衆の結束に武士道カウンターを乗せることができます。
特に、諸刃の活人剣術でレベル4の六武衆を2体揃えた場合、同時に何体特殊召喚されようとも、六武衆の結束に乗る武士道カウンターは1つなので、蘇生した2体で六武衆の影-紫炎をエクシーズ召喚することで、武士道カウンターを最大値である2こまで乗せることができます。

また、六武衆の荒行によってレベル42体揃え、六武衆の持つ自身以外の六武衆がいる時に発揮できる効果をサポートした場合は、六武衆の荒行のデメリットである選択した六武衆の破壊を免れるために、エクシーズ召喚を半ば強要される場面があります。そのような時に、この六武衆の影-紫炎をエクシーズ召喚すれば、六尺瓊勾玉の発動条件を失うことなく戦線を維持できます。

肝心な効果は有用に使えるシーンは限定的です。真六武衆-カゲキのもともとの攻撃力を2002000にアップさせると、カゲキの効果である1500ポイント上昇と合わせて最終的な攻撃力が3500にまでになります。これで六武衆の苦手な高打点モンスターを戦闘破壊できるようになります。

(2) H-Cエクスカリバー》
役割:冥府の使者ゴーズ、トラゴエディアを無視してとどめを刺す/相手に依存せずエクシーズ素材を能動的に墓地に送る。

打点が低い六武衆にとって攻撃力4000は非常に魅力的です。相手のライフポイントが4000以下なら、冥府の使者ゴーズやトラゴエディアの存在を無視して直接攻撃することができます。
また、一度の効果の発動で2つのエクシーズ素材を墓地に送ることができるので、諸刃の活人剣術を伏せておけば、すぐさまエクーズ素材だった☆4の六武衆2体を蘇生させることができます。

(3) 《交響魔人マエストローク》
役割:ヴェルズ・オピオンを突破する。
真六武衆-シエンを筆頭に、☆5以上のシンクロ召喚を封じるヴェルズ・オピオンを戦闘破壊できるカードです。これに尽きます。
また、真六武衆-シエンでは戦闘破壊できない攻撃力2500以上で守備力1800未満のモンスターを戦闘破壊することもできます。【海皇】の海皇龍ポセイドラ、氷結界の龍グングニール、【カラクリ】のカラクリ大将軍無零怒などや、ダーク・アームド・ドラゴン、始祖の守護者ティラスなどのAOJカタストルでは突破できないモンスターへの対策にもなります。

(4) No.39 希望皇ホープ》
役割:真六武衆-シエン、六武衆の師範、ナチュル・ビースト、M.X-セイバーインヴォーカーなどを戦闘破壊から守る。

真六武衆-シエンは場に六武衆が存在すれば破壊から免れますが、六武衆の師範、ナチュル・ビースト、M.X-セイバーインヴォーカーなどを戦闘破壊から守る際に役立ちます。

(5) No.50 ブラック・コーン号》
役割:交響魔人マエストローク、発条機雷ゼンマイン、表側表示のリクルーターなどを墓地に送る/1000ライフポイントのダメージを与える。

六武衆によるビートダウンに対し抑止力を持つ交響魔人マエストローク、発条機雷ゼンマインへの対策となるカードです。六武衆-ザンジですら破壊できないカードなのでブラックコーン号が必要な場面は比較的多く訪れます。

また、六武衆は必要なパーツが揃えば、大幅に相手のライフポイントを奪うことができるのでブラックコーン号の持つ1000ポイントダメージも有効な効果です。ガガガガンマンと比較した場合、相手の場に表側表示の攻撃力2100以下のモンスターの存在が必要ですが、高打点モンスターの突破という点でH-Cエクスカリバーと役割がかぶっているためこのデッキにはガガガガンマンは採用していません。なので、効果ダメージを与えるカードという役割も担っています。

(6) 《恐牙狼ダイヤフルフ》
役割:冥府の使者ゴーズ、トラゴエディア、ヴェルズ・オピオンを破壊する。

相手のライフポイントが4000以下ならH-Cエクスカリバーを出せば冥府の使者ゴーズ、トラゴエディアを無視してダメージを与えることができることは先に述べた通りです。しかし、相手のライフポイントが4000より高い時に攻撃し、冥府の使者ゴーズ、トラゴエディアを出されてしまった時はメイン2でダイヤウルフをエクシーズ召喚して破壊することで迎える相手のターンでゲームが崩壊するのを防ぐことができます。
交響魔人マエストロークと同じく、ヴェルズ・オピオンを突破できるカードでもあります。こちらは交響魔人マエストロークと違い戦闘を介する必要がないので攻撃宣言時に発動する罠カードに対して有効です。

(7) No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
役割:六武の門からの展開後に相手の動きを封じる。

このカードは筆者自身採用を迷っているカードです。☆4の六武衆を3体も必要とする召喚条件が非常に重く、突破された時が敗北を意味すると言っても過言ではない程で、使用には勇気が必要です。
しかし、制圧力は折り紙付きです。

●まとめ
・サポートカードとのコンボでいきる《六武衆の影-紫炎》
・フィニッシャーの《H-Cエクスカリバー》
・システムモンスターを突破できる《交響魔人マエストローク》
・守りの《No.39 希望皇ホープ》
・耐性持ちのモンスターを突破する《No.50 ブラック・コーン号》
・大抵のモンスターを突破できる《恐牙狼ダイヤフルフ》
・制圧の《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》


3.採用候補

・《インヴェルズ・ローチ》
六武衆が苦手とする【カオスドラゴン】のライトパルサー・ドラゴン、【暗黒界】の暗黒界の龍神グラファ、【マシンナーズ】のマシンナーズ・フォートレスといったストラクチャーデッキの看板モンスターや【聖刻龍】の聖刻龍-トフェニドラゴン、【カオス】のカオス・ソルジャー-開闢の使者-、カオス・ソーサラーに対して有効です。


・《No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド》
暗炎星-ユウシ、炎星師-チョウテンを有する【炎星】、甲虫装機ダンセル、甲虫装機ホーネットを有する【甲虫装機】に対して有効です。


長くなりましたが、これで六武衆のエクストラデッキにおけるランク4エクシーズモンスターの考察を終わります。次回はシンクロモンスターについて書こうと思っています!

この記事が、少しでもお役に立てることを願っています。

そして、もっといいカード知ってるよ!とかあったら教えて下さい!

|

« 六武衆のエクストラデッキを考えよう!part1 | トップページ | 2013年9月制限改訂 »

六武衆」カテゴリの記事

遊戯王:考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1095680/48753273

この記事へのトラックバック一覧です: 六武衆のエクストラデッキを考えよう!part2:

« 六武衆のエクストラデッキを考えよう!part1 | トップページ | 2013年9月制限改訂 »