« エクストリーム・ビクトリー発売記念! 雲魔物でブルーノごっこ | トップページ | 遊戯王2011年3月新制限リストが判明!! »

エクストリーム・ビクトリー収録「W星雲隕石」考察

今回はエクストリーム・ビクトリーに収録されたトラップカード「W星雲隕石」の考察をするよ!

W

-通常罠-
フィールド上に裏側表示で存在するモンスターを全て表側守備表示にする。
このターンのエンドフェイズ時に自分フィールド上に表側表示で存在する爬虫類族・光属性のモンスターを全て裏側守備表示にし、その枚数分だけ自分のデッキからカードをドローする。
その後、自分のデッキからレベル7以上の爬虫類族・光属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。

●カードの世界観

このカードの効果は、すべての爬虫類族・光属性のモンスターを対象としたサポートだけど、名前、イラストから爬虫類族・光属性モンスターの中でも特に、ワームシリーズのサポートとしてデザインされたものだろうね。

デュエルターミナルにて、惑星外侵略生命体である“ワーム”シリーズが登場。
そのワームに対抗すべく、惑星の原生生命たちが協力して作った決戦兵器“A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス)”シリーズのモンスターすべてに埋め込まれた思考回路強化ユニットがA・マインド(アーリー・マインド)だ!!

Photo


-チューナー-
☆5/闇属性/機械族/ATK1800/DEF1400
A・O・Jの思考回路を強化するために開発された高性能ユニット。
ワーム星雲より飛来した隕石から採取された物質が埋め込まれており、高いチューニング能力を誇る。
その未知なるパワーの謎は未だに解明されていない。

2002

フレーバーテキスト(通常モンスター特有のテキスト)に書かれていることから判断すると、A・マインドに埋め込まれた物質が、今回登場したW星雲隕石から採取されたということがわかる。

こういう世界観が確立しているシリーズモンスターは面白いよね♪


●効果の考察
 
複数の効果を併せ持つのでわかりやすく分類すると、以下のようになる。
 
1.フィールド上に裏側表示で存在するモンスターを全て表側守備表示にする。
2-1.自分のフィールド上に存在する爬虫類族・光属性のモンスターを全て裏側守備表示に変更させる。
2-2.裏側守備表示に変更させたモンスターの合計枚数分、ドローする。
2-3.デッキから☆7以上の爬虫類族・光属性のモンスター1体を特殊召喚する。


改めて文字に書きおこすと、アドバンテージの塊みたいなカードだね 笑

◆各効果について詳しく見ていくと、

1.フィールド上に裏側表示で存在するモンスターを全て表側守備表示にする。


[発動条件]

この1文は発動条件でもある。よって、フィールド上に裏側表示のモンスターがいなければ発動することができないぞ。(2011/02/14現在)

[裏側表示のモンスターを表側守備表示に変更]

リバース効果のモンスターは、相手の攻撃や次の自分のターンで反転召喚して発動させるのがセオリーなんだけど、このカードは太陽の書や砂漠の光と同じように、リバース効果を能動的に発動させるための効果でもある。

Photo_2


ワーム・ヤガンが裏側表示で存在する時にこのカードを発動できれば、任意のタイミングでヤガンの効果を発動させることができる。つまり、相手のモンスターを好きなときにバウンスさせることができるようになるぞ。

あと、シンクロ召喚をしようとして、相手に月の書を発動されたら、このカードで表側に変えてシンクロを続行させる、なんて小ワザもあるよ!

ちなみに、裏から表に変えるだけで、反転召喚扱いではないので、1500以上のモンスターを表側にしても相手の奈落の落とし穴にかからないぞ。

2.このターンのエンドフェイズ時に自分フィールド上に表側表示で存在する爬虫類族・光属性のモンスターを全て裏側守備表示にし、その枚数分だけ自分のデッキからカードをドローする。
その後、自分のデッキからレベル7以上の爬虫類族・光属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。

このカードを発動したターンのエンドフェイズに3つの効果が順番に処理される。
但し、発動時に裏側表示のモンスターがいて、それが爬虫類族・光属性モンスターであったとしても、そのモンスターが何らかの方法でフィールドに存在しなくなっていたら、(正確にはこのカードの効果で爬虫類族・光属性モンスターを裏側表示にすることができなくなったら)ドローはおろか、デッキから爬虫類族・光属性モンスターを特殊召喚することはできなくなってしまうので注意が必要だ。

[爬虫類族・光属性モンスターを裏側表示に変更]
この効果で、ワームの持つリバース効果の再利用を狙えるぞ。
特に、ワーム・ゼクスの効果で特殊召喚したワーム・ヤガンは1度裏になることによって、フィールド上から離れた時に除外されるデメリットがなくなるので相性がいい。

Photo_3


ただし、爬虫類族・光属性モンスターを裏側表示に変更する効果は、1度リバースしたらぞれ以降表側で存在することで真価が発揮されるワームのドローエンジンことワーム・リンクスとは相性がよくない。

[デッキから☆7以上の爬虫類族・光属性モンスターを特殊召喚する]

この効果で特殊召喚できるワームはワーム・キング、ワーム・クィーン、ワーム・ヴィクトリーの3体だけど、クィーンの持つ、ワームをリリースしてデッキからリリースしたレベル以下のワームを特殊召喚する効果を使えば、特殊召喚可能なすべてのワームを間接的にサーチすることができるぞ。

001


また、この特殊召喚は、同一効果上の一連の処理の一部であるため、王宮の弾圧によって無効化されないので、王宮の弾圧と共存させることができる。すばらしいカードだ!!

●まとめ

複数の効果を持ち、発動できれば大きなアドバンテージを得ることができる「W星雲隕石」。
リバース効果を持つワームを強力にサポートするカードだ。
特にワーム・ヤガンとは相性がよく、ヤガンを特殊召喚できるゼクス自体の能力も高い。
王宮の弾圧によって無効化されない特殊召喚であることに注目し、【ワーム・メタビート】なんてデッキもかなり現実味を帯びてきただろう。

そんな感じで、このカードの登場でワームに興味を持ってくれる人が増えたらいいなと思いつつ、久しぶりのカード考察終わり♪

次回の記事もお楽しみにノシ

|

« エクストリーム・ビクトリー発売記念! 雲魔物でブルーノごっこ | トップページ | 遊戯王2011年3月新制限リストが判明!! »

遊戯王:考察」カテゴリの記事

ワーム」カテゴリの記事

コメント

ワームといえばこの私、と定評があるスナイプが通ります。

確かに、ドロー+ワーム特殊召喚&ヤガン除外回避・弾圧効かないは革命的ですね。

私の行きつけの店でもワームが見直されつつあります。

取り合えず隕石は採取完了したので、今後も様子を見守って行きましょう。

投稿: スナイプ | 2011年2月15日 (火) 06時57分

おお!スナイプくん久しぶりだねヽ(´▽`)/

最近ブログ更新していないのでどうしたのかなーと思ってました 笑

ワーム使いは健在のようで、嬉しいです♪

私もW星雲隕石を使ったワームデッキを考えているところなのでお楽しみに!!

投稿: D-RANK | 2011年2月15日 (火) 15時58分

お疲れ様!

このカード凄く強いよね。
って言うよりその世界観に驚いた!
こういうの面白いよね。

くっ、ワーム面白そうじゃないか~~~!

投稿: AKIRA | 2011年2月16日 (水) 00時52分

> AKIRAへ

お疲れさま。
コメントありがとう!

特定のカテゴリーは世界観持ってるから好き♪
ターミナルは偉大だ!

投稿: D-RANK | 2011年2月16日 (水) 19時26分

カードの写真が貼ってあってわかりやすかったです

投稿: 秋ちゃん | 2011年2月16日 (水) 22時18分

秋ちゃん、コメントありがとう!

ほんと? 嬉しいよ(o^-^o)

投稿: D-RANK | 2011年2月17日 (木) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクストリーム・ビクトリー収録「W星雲隕石」考察:

« エクストリーム・ビクトリー発売記念! 雲魔物でブルーノごっこ | トップページ | 遊戯王2011年3月新制限リストが判明!! »