« 自分のblogにtwitterを表示させたいキミへ | トップページ | 最近更新が滞っているわけだが! »

【感想】俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12話-最終回

最近ハマっているアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が最終回を迎えたので記念に感想を。

Oreimo_12

いつもは兄である京介には邪魔とか死ねとかウザイとかしか言わない桐乃だが、この日はなぜかおはようと自分から京介に挨拶をする。
兄としては嬉しいけどちょっとした恐怖を感じる話しだ。

Oreimo_123

桐乃のクラスメイトで、雑誌の読者モデルの仕事仲間でもある加奈子。
先日、アニメキャラクターのコスプレイベントで優勝し、憧れていたアイドル事務所の社長から面接の機会があり、うまくいけば事務所に入れることになり喜ぶ。嬉しくて今からサインの練習をしている模様。
加奈子も桐乃と似て素直じゃないが、その様子から嬉しそうなことは十分伝わってくる。

Oreimo_124

そんな加奈子に素直におめでとうと伝える桐乃。普段とは違い、これほど素直に感情を伝える桐乃の様子に加奈子も驚く。
あやせもぽかーんってなってる。もしくはあやせは思い込みが激しいので桐乃に手を握られた加奈子に嫉妬しているのかもしれない。

Oreimo_126

なぜ桐乃が急に素直になったのか、何かあったんじゃないかと心配して桐乃の友人のあやせや沙織に原因を尋ねるもみな心当たりはないようで。
京介優しい。自分の妹に何かあっても心配こそすれ、実際に行動できるというのが本当にかっこいい。少なくとも俺ならほっとくだろうし。「俺の兄がこんなにかっこいいわけがない」

Oreimo_127

沙織に電話をかけていると桐乃が京介の部屋に「人生相談」があると、自分の部屋へと誘う。人生相談という、あえて改まった言い方をすることで桐乃は自分の気持ちを伝えやすくなるし、京介も頼られていると感じやすい。もともと仲の悪かった兄妹をつなぐ合い言葉のように使われる。そしてこれが桐乃いわく「最後の人生相談」だ。
自分がなぜ素直になったのかを京介に自分から伝える決心がついたらしい。
もともと素直じゃなく、プライドが高いのでそうとうな決意の末だろう。

Oreimo_128

京介に頼んだ最後の人生相談とは
秋葉原まで「おにーちゃんのぱんつなんかぜったい盗んでないんだからね!!(初回限定版) 略称:おにぱん」というエロゲーの深夜販売に並んできて欲しいというもの。
もともと仲の悪い兄妹だが、桐乃は兄として京介のことがずっと好きで、そのことを素直に伝えられないのだが、妹もののエロゲーのヒロインのように素直に兄を慕える妹に自分の理想をかさねエロゲーをプレイしていた。もちろんそんな理由で桐乃がエロゲーをやっていることは例によって鈍い主人公の京介は気づいていない。

しかし、結局エロゲーのヒロインのように素直になれない桐乃は京介とエロゲーを一緒にやるということが精一杯。京介もエロゲーの主人公に感情を重ねてくれることを期待して。

Oreimo_129

いやがる京介に最後のお願いとしておねだりする桐乃。京介はなくなくエロゲーを買いにいく。ここだけ見れば妹にパシリにされるかわいそうな兄である。深夜販売なら仕方ない。

エロゲーを無事買い、家に辿り着いた京介を迎える桐乃。これが「最後の日」になることを胸にしまって。もちろん、クリスマスの渋谷デートの日のように特別な日にしか付けないピンクのマニキュアをつけている。京介気づけー!鈍すぎるぞー!!

Oreimo_1210

そんなこんなで一緒にエロゲーをすることに。
兄妹で一緒にエロゲーするってシチュエーションだけ取り上げたら異常だけど、たまたまエロゲーであって、実は桐乃の言葉を代弁できるものが他にあればそれでいいのだ。
桐乃「会いたいときに会えないって寂しいでしょ!アンタ自分に置き換えて考えて見なさいよ!!」

「おにーちゃんのぱんつなんかぜったい盗んでないんだからね!!」

CV.あやせ

Oreimo_1212

一通り兄と一緒にエロゲーをやり、兄と過ごす「最後の時間」を楽しんだ桐乃。
そして、今まで恥ずかしくて見せられなかったとアルバムを取り出す桐乃。アニメでは描かれなかったけど、多分京介と仲良くしてる写真が入っているんだろう。

そして、アルバムには明朝出発のアメリカ行きの飛行機のチケットが挟んであった。
部活の陸上でいい成績を残し、アメリカのコーチにオファーを受けたようだ。
モデルの仕事や小説で稼いだお金で留学費用を自分で貯め、前もって準備をしていたが、アメリカ行きを京介にはなかなか伝えることができずにとうとう当日になってしまった。
それで京介やクラスメイトに素直に接していたのだ。

Oreimo_1213

なぜ留学行きを隠していたのかを尋ねる京介だが、素直になれない桐乃は「私がいなくなるからってアンタに関係あんの!?」という。その態度に京介は怒り、兄弟喧嘩になってしまう。京介だってまだ高校生で、こういうふうに感情的になってしもうこともあるんだ。

Oreimo_1214

そんなこんなで殴る蹴るの兄弟喧嘩に発展。
桐乃「死ね!死ね!死ね!」

本当は妹にアメリカに行って欲しくないと伝えたい京介と、アメリカ行きを止めて欲しい桐乃。
気持ちは同じなのに意地が邪魔して素直になれなくてすれちがう二人。切ないぞー。゜゜(´□`。)°゜。

Oreimo_1218

ケンカの拍子でエロゲーしていたパソコンが床に落ち、
エロゲーのヒロインが空気を読んで「行くなって言ってよ!お兄ちゃんが行くなって言ったら私行かないよ」と桐乃の気持ちを代弁。とてもドラマチックな演出である。

Oreimo_1215

アメリカ出発の当日の朝、もう家にはいないはずの桐乃がなぜか家にいた。
桐乃はアメリカ行きを取りやめたのだ。兄と離ればなれになるのが嫌だから。

この時の桐乃がかわいすぎてやばい!

Oreimo_1216

アメリカ行きを取りやめたことを聞かされ、喜ぶ父親。よく見ると左ほほを赤く染めている。
この一家全員ツンデレか!「俺の親父がこんなに可愛いわけがない」

Oreimo_1217

相変わらず、兄と離ればなれになりたくなかったとは絶対に言わない桐乃だが、とても嬉しそうに歩いている。その様子を見て京介も嬉しそうだ。
このあと桐乃が浮かれて歩いてたら交通事故にあうなんてエンドじゃなくてよかった!

|

« 自分のblogにtwitterを表示させたいキミへ | トップページ | 最近更新が滞っているわけだが! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

メルルがなのはにしか見え無かったですw

投稿: 秋ちゃん | 2011年1月 6日 (木) 21時39分

おお、秋ちゃん!blog見てくれてありがとう♪

最近カード触れてないのであまり更新できないけど、よろしくねb

メルル見てる桐乃しか見てなかったわ←

投稿: D-RANK | 2011年1月 7日 (金) 01時12分

カラクリが面白そうですね

投稿: 秋ちゃん | 2011年1月 7日 (金) 09時17分

カラクリは面白いぞ!

何が面白いって、テキストに書かれている効果以上のポテンシャルを持っているからだ。

だから機械族なのに人間らしくて好きなんだ(笑)

今度遊ぶときはカラクリについて一緒に考えようぜ☆

投稿: D-RANK | 2011年1月 8日 (土) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12話-最終回:

« 自分のblogにtwitterを表示させたいキミへ | トップページ | 最近更新が滞っているわけだが! »