« トリシューラ召喚方法 | トップページ | 2010年1月オススメVOCALOID-12本 »

プレイング、強くなるために。

これから書くことは当たり前のことだけど、だからこそ絶対に忘れないように記事にする。

相手のサーチしたカード、セットモンスターを殴ってどのようなモンスターかといった情報から相手のデッキをいち早く把握することが大切。

デッキタイプがわかれば相手の次の行動をおおまかに予測することができるからだ。


相手のデッキがわかったら、セットモンスターのステータスを思い出すこと!
そうすれば自分のどのモンスターなら破壊できるかできないかの判断基準になる。

例)相手がアンドットの場合、予想されるセットモンスターの守備力
●ゴブリンゾンビ:1050
●ピラミットタートル:1400
●馬頭鬼:800
●クリッター:600
●ネクロガードナー:1300

なので1500ラインのモンスターの攻撃でセットモンスターを破壊できる可能性が高い。
などなど。


現在主流のデッキのモンスターのステータスは覚えていた方が良い。
それだけ情報アドバンテージに繋がるから。


しかし、そうしてステータスやそのモンスターの対象法(いわゆる、解答)
となるカードを自分のデッキに搭載することでデッキパワーのボトムアップに繋げていくという作業をつきつめていけばいくほどに、

「地雷デッキ」と呼ばれる想定外の敵に翻弄されることがある。
そのような想定外の敵にも対抗できるかどうかがデッキそのももののパワーということになるだろう。


そして、本当に強いプレイヤーは単に流行のデッキで採用されるテンプレートなカードだけを使うのではなく、テンプレートを「あえて崩す」ことで相手の意表をつき、自分のペースでゲームを進めることができる。


そういうのに対抗するのは甘ちゃんの筆者にとってはずっと先の話(笑)

まずは、相手のデッキが何なのかを一早く理解し、そしてそのデッキの動き方を予測し、こちらはなるべくそれをジャマするようにゲームを進める。ということを意識して戦おうと思う。

ただ漫然とゲームしてるだけじゃ強くなれない。
一つ一つのゲームで相手の動かし方やクセまで判断して自分に有利なように動かせるように意識することが大切だ!と自分にも言い聞かせる意味でも書いておく(笑)

後は、今現在の手札だけで考えるんじゃなくて、自分のデッキどうやって勝つのか、を意識して次のドローにかけるというのも手。そう考えるとデッキ自体の守備力も大切だ。





今日のオススメ洋楽♪


【ニコニコ動画】(1Mbps) 【PV】 Colbie Caillat 「Fallin' For You」

|

« トリシューラ召喚方法 | トップページ | 2010年1月オススメVOCALOID-12本 »

遊戯王:考察」カテゴリの記事

コメント

参考になるね。 おっと、その前に僕はカードプールを拡げなければ。

投稿: ツネ | 2010年1月30日 (土) 14時47分

コメントありがとう!

blogやってて一番嬉しいことはコメントもらうことだよ(^^)♪


カードプールを広げるには、新しいカードが出る度にテキストをチェックすればOKだ!

投稿: D-RANK | 2010年1月30日 (土) 20時42分

いいことゆうねぇ

今までの日記の中でもなかなか読み応えがあるよ

投稿: あきを | 2010年1月30日 (土) 23時27分

ありがとう!
書いたことと実力が伴うようにがんばるよ。

投稿: D-RANK | 2010年1月31日 (日) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレイング、強くなるために。:

« トリシューラ召喚方法 | トップページ | 2010年1月オススメVOCALOID-12本 »