« 【ニコニコ】TF4 | トップページ | コナミビクター »

【デッキ】エーリアン

制限改定後の【エーリアン】。
このタイプは3月に書いたデッキ記事とそんなに変わらない。
このレシピの形に落ち着くまでは奈落回避用に細胞爆破装置入れたり、カオスソーサラー入れたり、オネスト入れたりしたけど、結局元に戻ったという感じ。ただ今、別のタイプを絶賛研究中。

モンスター/22
3 エーリアン・ウォリアー
2 エーリアン・グレイ
1 エーリアン・ソルジャー
1 エーリアン・テレパス
2 エーリアン・ヒュプノ
3 エーリアン・リベンジャー
3 エーリアンモナイト
3 エーリアン・ドッグ
1 エーリアン・キッズ
1 オシャレオン
1 邪帝ガイウス
1 クリッター

魔法/9
2 トライアングル・エリア
3 古代遺跡コードA
1 洗脳-ブレインコントロール
1 サイクロン
1 大嵐
1 光の護封剣

罠/9
3 洗脳光線
3 惑星汚染ウイルス
1 毒蛇の供物
1 リビングデッドの呼び声
1 激流葬

エクストラ/15
1 アームズ・エイド
1 マジカル・アンドロイド
2 宇宙砦ゴルガー
1 A・O・Jカタストル
1 氷結界の龍ブリューナク
1 ゴヨウ・ガーディアン
1 エンシェント・ホーリー・ワイバーン
1 ブラック・ローズ・ドラゴン
1 スターダスト・ドラゴン
1 レッド・デーモンズ・ドラゴン
1 ギガンテック・ファイター
1 神聖騎士パーシアス
1 ミスト・ウォーム
1 A・O・Jディサイシブ・アームズ

◇デッキのまわしかた:

基本はAカウンターを利用するビートダウン。
Aカウンターを利用して相手モンスターのパワーダウン、洗脳(コントロール奪取)、破壊、魔法罠除去、蘇生をしてテクニカルに戦うのが楽しくて、かれこれ5年間愛用している。

筆者は遊戯王OCGにおいてコントロール奪取が一番好きで、コントロール奪取の代名詞はエーリアンだと確信している。

そういうわけで洗脳光線は3積み。
除去と展開を一度に行えるのがコントロール奪取だからね。
特に相手バトルフェイズでも奪取できるので実質的に和睦の使者もかねている。

Aカウンターをどう置いて、どう利用していくのか、またデッキにいてほしいエーリアン、手札にいてほしいエーリアン、墓地にいてほしいエーリアンがそれぞれいるので常に動き方を考えて計画的にゲーム進行していく必要がある。

また、コントロール奪取は相手依存なので相手のデッキタイプを考え、予測し、自分に有利になるように動かすことが重要である。(例えば相手がBFなら旋風からサーチされないように召喚したタイミングで奪うなど)

惑星侵略には、なにより戦略が重要だということだ(笑)


●ウォリアーについて:
このデッキにおいてアタッカーであるウォリアーは3積み確定。
カウンターを2つ乗せるのでリベンジャーに繋がり(イラストから察するにそうデザインされている)、古代遺跡を張っておけばオネストで迎撃されてもすぐさま戦線復帰することができる。

●グレイについて:
グレイはエーリアンにおいて貴重なドローエンジン。
このカードの枚数は現在も模索中だが、セットが基本なので毒蛇の供物や最近のカードである古代遺跡やドッグとは相性が悪い。フルで使うなら強制転移とのセットが一番かな。

●ソルジャーについて:
1800超えられる1900打点は安心!一枚あればトライアングルエリアでデッキから呼んだり、古代遺跡で蘇生できる。

●テレパスについて:
最近はフリーチェーンが多いので1枚積み。
ゴルガーでも後ろ割れるようになったのと、使いたいときにはデッキから呼んだり蘇生できるからという理由もある。
アンモナイトで蘇生したモンスターにエンドフェイズの破壊以外には制約がかからないので、効果で魔法罠を除去してからシンクロ召喚につなぐことができる、墓地にいて欲しいエーリアン。

●ヒュプノについて:
相手が惑星汚染効果適用中に展開してきたとき、トライアングルエリアで特殊召喚→デュアル宣言で全てのモンスターを洗脳することができる。洗脳光線と違いエンドに破壊できるので便利。古代遺跡の登場で以前よりさらに使いやすくなった。
デッキにいて欲しいので、1枚だと引いたら困るので2積み。

●リベンジャーについて:
3積みは重いと言われているけど、ドッグや古代遺跡からの展開が強いので3積み。
☆4エーリアン召喚→ドッグ特殊召喚→リベンジャー特殊召喚で容易にモンスターを3体展開することができ、このルートで勝利することも多い。
効果も強力で、Aカウンターありきのサポートカードの使いやすさを向上させることに大いに貢献している。アドバンス召喚で出しても、相手場にモンスターが2体いればカウンターを2個のせて、すぐさまリリースしたエーリアンを古代遺跡で蘇生できる。

●アンモナイトについて:
基本的にはゴルガー、相手が光ならカタストルに繋げる。(そういう意味で一族の結束はいっていない)
光チューナーなのでリベンジャーとあわせてエンシェントホーリーワイバーンを出したり、ドッグ、キッズとあわせてパーシアスに繋げることもできる。
また、ドッグが手札にあれば瞬時に☆8シンクロができたり、あわせてリベンジャーがいれば☆10シンクロ(1+3+6)も可能。☆5から古代遺跡でアンモナイト蘇生し、ブリューナクに繋げることもできる。手札にいて欲しいので3積み。

●ドッグについて:
待ちに待った能動的にAカウンターを乗せることができるカード。
ウォリアーもグレイも相手依存だったのだが、こちらは自分からカウンターを乗せることができ、また一度に2つのカウンターをばらまくのでリベンジャー、ゴルガー、古代遺跡と相性がいい。
さらに、シンクロ召喚のレベルを調整したり、表側で出せるため毒蛇の供物との相性もいい。手札にて欲しいので3積み。

●魔法罠について:
常に張っていたい古代遺跡は3積み。

トライアングルは洗脳光線が3積みの関係で2積みに抑えている。トライアングルとゴルガーの登場で自分の場のカードにAカウンターを乗せることにも意味が産まれた。

護封剣は裏側のモンスターに対しカウンターを乗せることを可能にしたり、ヒュプノをデュアルするまで守ることに貢献する。

惑星汚染ウイルスはライトロードなど一度に大量展開するデッキに対し特に有効。

また、毒蛇の供物は自分の爬虫類をリリースするのではなく、破壊するので古代遺跡にAカウンターを乗せることができる。

|

« 【ニコニコ】TF4 | トップページ | コナミビクター »

遊戯王:デッキ」カテゴリの記事

エーリアン」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

私もエーリアン出た頃から使ってますよ。
基本はOZデッキですけども。

コントロール奪取タイプのエーリアンデッキなんですね。
私はどちらかと言うと除去型で組んでます。

ビッグバーンシュート+ゴルガーはリスクこそあるもののやはり強いかと思うのですが?

投稿: ダンタリオン | 2009年11月 6日 (金) 20時13分

ダンタリオンさん、コメントありがとうございます!

初めまして。
OZが登場した時代は遊戯やっていなかったのでデッキの動きが気になりますね。

私はエーリアンしかり雲しかりカウンター戦術が好きなのでビッグバンシュート入れるならその枠に細胞散布爆弾を入れると思います。

また、最近は伏せモンスターはライコウ程度なので引いてすぐに貫通効果を生かせないという点ではゴルガーありきのカードなので、つまりゴルガー軸にしないといけないので採用は見送っています。


でも、ビッグバンシュートも面白いカードですよね!【ダーク・シムルグ】では相手に装備してハーピィで割ったり、ファルコンや雷神鬼でバウンスして使ってます。サモンプリーストのコストになるので1枚採用しています。

投稿: D-RANK | 2009年11月 6日 (金) 20時46分

なるほど。
確かにビッグバーンシュートによる除去はゴルガー軸でないと無理ですね。

OZデッキについてですが、私の場合は切り札OZ、主戦力OZというまさにOZにしか頼らないデッキになってましたwww

ファレストマンや融合回収、貪欲な壺などで素材とOZをデッキに戻したり、正当なる血統などでの蘇生、絶対魔法禁止区域やお触れなどでの魔法・罠対策とフルにOZを生かしたデッキとなってました。

普通にライロなどにもある程度互角に渡り合え、またOZの召喚と維持に特化していたので何度も場に現れるOZで見ている観客を盛り上げる事も可能なデッキでしたね。

投稿: ダンタリオン | 2009年11月 7日 (土) 11時17分

すごいですね!OZへの愛が伝わってきます。

お互いエーリアン使いとしてこれからもよろしくお願いします。

投稿: D-RANK | 2009年11月 7日 (土) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【デッキ】エーリアン:

« 【ニコニコ】TF4 | トップページ | コナミビクター »